ワールドコン Nippon2007 初日 その2

いきなり書道パフォーマンスをはじめるガリ版職人某氏。ではなく、本部の場所が分かりにくいので、看板を書いたのでした。なにしろ、二階入り口すぐにブースを構える時刊新聞社は、ほとんどインフォメーションコーナーのように、いろいろな事を聞かれるのである。「レジストレーションはどこですか?」「クロークはありますか?」「ボランティアの受付はどこですか?」「涼宮ハルヒの分裂の続編はいつ出ますか?(嘘)」看板を書き、ホワイトボードに案内とFAQを書き、ここはインフォメーションではないと書き…… それでも人は道を聞きにくるのであった。
ブードゥーボードは伝言板ですが、日本SF大会ではなじみが薄いのであまり有効活用されていなかったようです。ちょっと残念。

コメントをどうぞ