21世紀を夢見た日々〜日本SFの50年〜

かぐやも初期機能確認フェーズへの移行を行った今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ただいま、NHK教育のETV特集で「21世紀を夢見た日々〜日本SFの50年〜」を放送中です。日本SF第一世代の足跡と、それに影響を受けた人たちと事象の紹介を中心に、貴重な映像や音声が放送されています。栗山千明がビミョーな感じです。

TVアニメや特撮ドラマの黎明期へのSF作家クラブの関わりから始まり、伝説の東海村原子力研究所訪問の話とか、大阪万博への参加とか、国際SFシンポジウムとか、そして浸透と拡散(変質と解体?)とか……

ラストは、アキバのを放浪する栗山千明が、SFにインスパイアされた作品やアイテムを紹介するという恥ずかしい物でしたが、ヱヴァやアキラや甲殻はともかくハルヒを出したのは評価するところでしょうか。

そんな未来を信じていた時代の声を集めた一冊があります。早川書房の「日本SF・幼年期の終り―「世界SF全集」月報より[AA]」です。抜粋での収録が残念……

One Response to 21世紀を夢見た日々〜日本SFの50年〜

  1. 横濱kabitan :

     この番組、ビデオ録画して最近じっくりと観賞しました。
     「8マン」は実は、アニメが先と知ってビックリ(というより、≪脚本出来る端からアニメ制作≫という方が物凄いような・・)。
     この番組で、SFがドンドン拡張・膨張・拡散していくのが良く分かりました。しかし、SF作家クラブは相当時代の先を行ったグループですね・・。
     そのSF作家クラブが、開拓していった日本SFワールドが開花した60年代は物凄く熱気溢れた時代だったんですね・・・1972年生まれの私は、物心がついて作品を楽しめるようになった時は≪リアルな内容≫が重点的で60年代までの【SF≠摩訶不思議、センスワンダーランド】という面白さが少々陰をひそめていた時期でした。
     最近、余りハードすぎて「攻殻機動隊」TVシリーズ第2期以降は「ポケモン」しか観ていません・・・ついていけないので・・・

コメントをどうぞ