Archive for the '宇宙' Category

たまには宇宙に思いをはせて

金曜日, 9月 5th, 2008

Webで見つけた宇宙関連の話題から思い付いた事をいくつか

その1 火星の雲
アメリカの火星探査機フェニックスが、火星の空で雲を観測したそうだ。
雲ができるということは、水があり大気が循環しているということだ。
フェニックスは地面を掘って氷を見つけているが、雲ができるほど大気中に水分が供給されているということは、どこかに大規模な水源があるのだろうか。やはり極地方に大規模な氷床が埋まってるのか。
リアルな火星SFで雲の描写が出てくるものって、何かあったかな。
キム・スタンリー・ロビンソンの「火星三部作」にはありそうな気がするが、読んでないのでわからない。
藤崎信吾の「クリスタル・サイレンス」にはあったような気がする。
リアルでなければ、バロウズの「火星シリーズ」やブラッドベリの「火星年代記」あたりにありそうだが。

その2 太陽黒点が消失
太陽活動は、11年周期で強弱を繰り返しているという話はよく知られたことだ。
太陽活動の強弱で黒点の数も変わっていく。強いときは多く弱いときは少ない。
今年は弱くなる年に当たっているようだが、今年に入って黒点が非常に少ない状態が続いており、8月はついに黒点が消滅したらしい。
黒点消失は1913年6月以来だが、一ヶ月のあいだ消え続けているのは観測史上はじめてのことらしい。
地球温暖化には、太陽活動が大きな影響を与えているといわれているが、この黒点消失はどんな影響があるのだろうか。今年は海水温度が低下しているらしいが、それに関係しているのだろうか。
太陽が弱くなるSFといえばジーン・ウルフの「新しい太陽の書」だが、以前読んだときは難解でよくわからなかったな。
スティーブン・バクスターの「ジーリー・クロニクル」には、太陽を監視するためにAIにさせられて宇宙の終わりまで生き続ける女の子の話があったが、なんていうタイトルだったろうか。

痩せる

火曜日, 10月 9th, 2007

「かぐや」の月軌道投入も成功したようで、松浦晋也さんのblogにJAXAの記者会見のレポートがありますが、なかなか余裕のある運用のようですね。来年早々に出てくるはずの各種データや画像が楽しみな今日この頃です。

閑話休題。

個人的なことですが、痩せる努力をしようかと思ってます。そろそろ若くない年齢に突入するし、他にも色々有りますので…… とは言いつつ、今のところは思っているだけだし、どこまで実践できるかは分かりませんけど。

で、とりあえずウォーキングを日課にする事にしました。通勤時の駅から会社までと帰宅後のあわせて4km程度を毎日歩いています。それと、就寝前のストレッチを少々。

これでどの程度痩せるか分かりませんが、まずは行動からという事で…… さて、半年後にどうなっているのでしょうか?

SF関係で「痩せる」とか「ダイエット」というと、岡田斗司夫著「いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)[AA]」と高千穂遥著「自転車で痩せた人 (生活人新書)[AA]」ですね。どちらもロジカルに痩せる事を目指しているようですが、私の場合は参考になるのでしょうか。

月周回衛星「かぐや」打ち上げ迫る

火曜日, 9月 11th, 2007

SF大会の狂騒も一段落したので、一般ネタを。(まだいくつか書きたい記事は残ってますが)

9月14日10時31分01秒(日本標準時)に、月周回衛星「かぐや」(SELENE)/H-IIAロケット13号機(H-IIA・F13)が打ち上げられます。

この「かぐや」は、複数のブースターをつけた強力な構成のH-IIAで打ち上げられ、二個の子衛星とともに月の回りを回りながら月について詳しい調査を行います。例えば、地形や地層を調べ、詳しい地図(月図?)も作ります。あまり精密な調査の行われていない、月の裏側も詳しく調べるとか。打上げの様子はいろいろな方法で中継されますので、ぜひ見てください。携帯電話のFOMAでも見られます。
詳しくはJAXAの特設サイトをどうぞ。

身近な天体だけに月にちなんだSFも色々有りますが、SFに縁のない人でも読めるのがJ・P・ホーガンの「星を継ぐもの[AA]」ですね。月で見つかった太古の宇宙飛行士の遺体から始まる、ミステリ仕立ての物語です。二転三転して最後は、これぞSFという結末が待っていますので、未読の方はどうぞ。

地下世界の入り口?

土曜日, 6月 2nd, 2007

テクノバーン経由で知りましたが、火星で巨大な穴が幾つも見つかっているのだとか。http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200705282017&page=2

直径が120mほどあるらしく、かなり大きな穴です。研究者は地下空間の天井部分が陥没したものか、垂直洞窟ではなないかと推測しているようです。

拡大写真を見るとはっきりと色が変わっていますから、垂直洞窟というよりは陥没した地下空間でしょうか。垂直洞窟だとすれば、太陽高度にもよりますが、もっとグラデーションのついた影が見えるような気がします。でも、大気が少ないので、光の散乱が起らずグラデーションが見えないのかもしれません。うーん、どっちなのでしょうか。

どちらにせよ、その様な地形がどうやってできたのでしょうか。

かつてあった大量の水による浸食とか、地殻が二層構造になっていてたまたま隕石が落ちて穴をあけたとか、妄想は広がっていきます。

すばる望遠鏡が見つけた特異な構造

水曜日, 3月 7th, 2007

国立天文台のプレスリリースによると、すばる望遠鏡がかみのけ座銀河団で長さ約20万光年・直径約6000光年の細長い電離した水素ガス雲を見つけたそうです。このような構造の発見は世界で始めてとか。

http://subarutelescope.org/Pressrelease/2007/03/05/j_index.html

このガス雲は何らかの銀河から放出されているわけではなく、生成プロセスなど多くの興味深い点があるようです。

SF者としては、このガス雲をもとにいろいろな妄想をしてしまいます。たとえば、バサード・ラム・ジェットの軌跡ととか…… 付近の銀河団と同様のスピードで遠ざかっているようですから、そういう「センス・オブ・ワンダー」な可能性は非常に低いのが残念です。

バサード・ラム・ジェットが出てくるSFといえば、ポール=アンダースンのタウ・ゼロ[AA]があります。発表されてからかなり経つので、科学的には古い描写も少なくありませんが、止まらなくなってしまった宇宙船を止めようとする懸命な努力とか、宇宙の終わりと新たな創造に立ち会うというセンス・オブ・ワンダーに満ちた物語です。禅の悟りの境地に達するのかと思いきや、いかにもアメリカ人的な結末を迎えるあたりは、抵抗があります。それでも、傑作です。SF者は必読ですね。

他にバサード・ラム・ジェットの出てくるSFは何があったっけ?